インコの鳥籠

Twitter→@Megumipoke

S2使用構築(最高レート1968)

①はじめに

 

皆さんこんにちは。インコです。

S2お疲れさまでした。今期はレートがインフレしていたということもあり、私自身も最高レートの更新を目指していました。

結果から言うと私の今期の最高レートは1968というかなり残念な結果となってしまいました。。。

今回構築記事を執筆するか悩みましたが、構築記事を執筆することで頭の整理を行い、それに伴って今後のヒントになる何かを見つけられるかもと思い執筆する決意をしました。

 

➁使用した構築

 

今回使用した構築はこちらです。

f:id:INK924:20170320104638p:plain

↓技構成及び持ち物

f:id:INK924:20170320123248p:plain

 

➂構築経緯

 

以下常体

 

S1で雨パでレート2000を達成したことから、S2も雨パでシングルレート対戦を行っていこうと思い、トノグドラの並びからスタートした。

しかし、バンク解禁に伴いトノグドラの並びでは突破できない相手が増加し、S1に比べてトノグドラが環境に刺さらなくなった。

そこで、雨選出を通すのではなく、トノグドラという強力な選出誘導を生かし、裏選出をメインに通すというコンセプトにシフトチェンジした。

そして、そのようなコンセプトのパーティーを組む際、裏選出はガルーラやガブリアスなどのパワーのあるポケモンが採用されていることが多いということを某ブログを参照した際に知り、ガルガブ軸の裏選出を組むことを決意した。

 

➃個別紹介

 

http://www.pokewiki.de/images/8/80/Pokémonsprite_186_Weiblich_Schillernd_XY.gif

ニョロトノ@脱出ボタン 

特性:雨降らし

性格:穏やか

実数値(努力値):197(252)-×-123(220)-110-137(36)-90

技構成:熱湯/アンコール/滅びの歌/守る

 

S1で使用した個体と同じものを採用。Dに振ることによって、テテフの眼鏡サイキネやコケコの10万を最高乱数以外耐えることが可能となる。7世代は特殊方面の火力インフレが激しいので、6世代に比べてDに振った型が主流になってくると思う。

 

http://www.pokewiki.de/images/d/dc/Pokémonsprite_230_Schillernd_XY.gif

キングドラ@こだわりメガネ

特性:すいすい

性格:控えめ

実数値(努力値):157(52)-×-115-161(252)-116(4)-130(196)

技構成:ハイドロポンプ/波乗り/龍星群/龍の波動

 

雨エース。Sは1舞準速メガボーマンダ抜きまで降っているが、マンダ入りのパーティーに対して雨選出する機会が少なかったので、もう少しSを削って耐久に振る方がよかったかもしれない。

持ち物に関してだが、打ち分けができないというデメリットがあるものの、常に超火力で上から制圧できる眼鏡を採用した。個人的にはグドラは水Zよりも眼鏡のほうが相性が良いと思っている。

 

http://www.pokewiki.de/images/0/0c/Pokémonsprite_115m1_Schillernd_XY.gif

ガルーラ@メガ石

特性:肝っ玉→親子愛

性格:意地っ張り

実数値(努力値):181(4)-194(252)-120-×-120-152(252)

技構成:猫騙し/捨て身タックル/炎のパンチ/不意打ち

 

裏選出の軸となるポケモン。雨とも相性が良く、猫騙しからの雨展開が無難に強かった。

陽気だと火力が足りない場面が多かったので意地っ張りで採用した。

猫捨て身型での採用なので、猫と捨て身は確定。3枠目はこのパーティーに対してよく出てくるナットレイを狩るために炎のパンチを採用。ラストは技スぺが余ったのでなんとなく不意打ちを採用したが、不意打ちが警戒されることがほとんどなく、 猫不意で体力の減った相手のポケモンを倒していくという動きができて強かった。

 

http://www.pokewiki.de/images/8/80/Pokémonsprite_445_Schillernd_XY.gif

ガブリアス@気合の襷

特性:鮫肌

性格:陽気

実数値(努力値):183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

 

テンプレのAS襷ガブリアス

剣舞することで相手の耐久ポケモンを崩す役割を担っている。

選出率は低めだが、このポケモンがいないと相手の炎ポケモンがかなり重くなるので、なくてはならない存在であると考える。

 

http://www.pokewiki.de/images/c/cc/Pokémonsprite_778a_Schillernd_SoMo.gif

ミミッキュ@ゴーストZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

技構成:じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

Z枠が余ってたので、とりあえずZ技と相性の良いとされているミミッキュを入れてみたが、想像以上に強かった。積み技+Z技によって相手の耐久ポケモンを崩すことができるのはかなり優秀だと感じた。

ゴーストZである理由は、このパーティーに対して出てくるポケモンがフェアリー技が通らないポケモンばかりであったため、一貫性のあるゴーストZで採用した。フェアリーZに比べて火力不足に悩まされることもあったが、それ以上にZ技が通らないことの方が深刻だったのでゴーストZで運用して正解だと思っている。

 

http://www.pokewiki.de/images/3/37/Pokémonsprite_797_SoMo.gif

テッカグヤゴツゴツメット

特性:ビーストブースト

性格:呑気

実数値(努力値):203(244)-126(36)-154(132)-128(4)-133(92)-72

技構成:ヘビーボンバー/火炎放射/ギガドレイン/宿り木の種

 

物理受け、そしてフェアリーの一貫性を切る枠として採用。

宿り木の種の枠は、当初はめざ氷だったが打つ機会がほとんどなかったので宿り木の種に変更した。

裏選出をする際、炎タイプの積みアタッカー(リザXやバシャーモウルガモスなど)がいる時は、テッカグヤが起点にされて全抜きされることを恐れて極力選出しないように心掛けた。

役割対象としては、ギャラドスパルシェンミミッキュなどが挙げられる。しかし、ミミッキュに関しては、呪い痛み分け型に対しては後だしでの対処が不可能なので、安定して後だしできるというわけではない。なので、また別のミミッキュ対策が必要であると思っている。

 

➄選出

・雨選出

 ⑴f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plain

トノグドラが刺さっている場合

f:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plainf:id:INK924:20170320210924p:plain

バシャーモ入りでトノグドラが刺さっている場合

f:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plainf:id:INK924:20170320211101p:plain

トノグドラの弊害となるポケモンが、テッカグヤで対処が可能である場合

・裏選出

基本は

f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320211101p:plainf:id:INK924:20170320211429p:plainorf:id:INK924:20170320210924p:plain

相手のパーティーに炎タイプの積みアタッカーがいる場合

f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320211429p:plainf:id:INK924:20170320210924p:plain

 

 ➅さいごに

冒頭でも書きましたが、今期はレートがインフレしていたということもあり、自分もその波に乗ってあわよくば2100に乗りたいと思っていましたが、残念ながら2000にすら乗ることができませんでした。反省点としては様々な要素が挙げられますが、裏選出を物理に固めすぎたということと、受けループに対する対策が全くなかったことがこの構築の欠点であるなと個人的には思います。

この構築記事を読んで、もっとこういう所を改善したほうが良いなどのアドバイスがあったら、是非聞かせていただきたいなと思っています。

S3ではS1の結果を超えられるように精進したいと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

f:id:INK924:20170320212635p:plain