インコの鳥籠

Twitter→@Megumipoke

【SMシーズン3使用構築】ペリグドラクチート【最高/最終2001】

1.はじめに

初めましての方は初めまして。

そうでない方はこんにちは。

アメリカ人の方はHello。

 

インコと申します。

S3お疲れさまでした。無事レート2000を達成したので構築記事を書きたいと思います。

 

2.使用した構築及び構築経緯

今回使用した構築はこちらになります。

f:id:INK924:20170514134940p:plain

 

以下常体

 

6世代において雨パと相性が良いメガ枠とされていたメガクチートを軸として雨パを組みたいと考え、雨+メガクチートからスタートした。

しかし、7世代からZワザが登場したことにより、メガクチートが今まで対面で倒せていたポケモンZワザで倒されてしまうということを踏まえて、従来の対面性能はなくなったと感じた。そこで、トリル下前提のメガクチートの運用を考え、トリル始動要因であるポリゴン2ミミッキュを採用した。

最後の枠として、キノガッサが重いと感じたため、ゴツメジャローダを採用した。

 

3.個別紹介

Pokémonsprite 279 XY.gif

ペリッパー@気合の襷

特性:雨降らし

性格:控えめ

実数値(努力値):167(252)-×-121(4)-161(252)-90-85

技構成:ハイドロポンプ/れいとうビーム/暴風/とんぼ返り

 

雨始動要因。S1、S2と共にニョロトノを始動要因として採用していたが、今回はペリッパーを採用した。

理由としては、裏選出のトリル軸においてもエースとして活躍できるからである。ニョロトノもトリル軸のアタッカーとしてのポテンシャルは十分にあるが、アタッカーのニョロトノを採用してしまうと、雨選出がかなりやりにくくなると考え、裏選出のアタッカーとしても活躍でき且つ雨選出においてとんぼ返りで展開ができるペリッパーが適任だと考えた。

基本的には、雨選出における天候始動要因、そして裏選出で重いポケモン(主にヒードラン)を対処するポケモンという役割を担っていた。

 

Pokémonsprite 230 XY.gif

キングドラ@拘り眼鏡

特性:すいすい

性格:控えめ

実数値(努力値):150-×-115-161(252)-116(4)-137(252)

技構成:ハイドロポンプ/波乗り/龍星群/寝言

 

雨エース。CSぶっぱでDL対策でDに4振っているごく普通の型です。4枠目の寝言は胞子対策やあくびループ対策になると思って採用したが、ほとんど使う場面はなかった。

選出についてはまた後に語るが、このポケモンの選出率はかなり低く、ほぼ見せポケと化していた。依然として、ナットレイやレヒレなどのグドラできついポケモンが環境に多く、積極的に出せなかったというのが実情である。対面パが減少し、サイクル重視のパーティーが増えたこともキングドラにとってかなり向かい風であると思われる。

 

Pokémonsprite 303m1 Schillernd XY.gif

クチートクチートナイト

特性:いかく→ちからもち

性格:意地っ張り

実数値(努力値):157(252)-150(252)-106(4)-×-75-70

メガ後実数値(努力値):157(252)-172(252)-146(4)-×-115-70

技構成:じゃれつく/炎の牙/不意打ち/剣の舞

 

今回の構築の軸となるポケモン。ほぼ全試合選出していた。MVP賞をあたえるなら間違いなくこの子。

HAぶっぱのごく普通のクチート。前述したとおり、今回はトリル下前提でのクチートであるため、初手に出さず、後述のポリゴン2ミミッキュがトリルを張った後に、クチートがトリル下で暴れるという流れを意識して立ち回った。

トリル下でのクチートの制圧力はすさまじく、じゃれついているだけでゲームが終わっていたということもしばしばあった。

はたきおとすがほしい場面もなくはなかったが、それ以上に炎の牙、剣の舞を使う場面のほうが多かったため、このような技構成となった。

また、ペリグドラの並びで選出されるポケモンに対して、トリルのクチートがかなり刺さっていたこともクチートが大活躍できた要因と思われる。(ペリグドラが選出誘導要因としか活躍できなかったことは誠に遺憾である。)

 

Pokémonsprite 233 XY.gif

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:ダウンロード

性格:控えめ

実数値(努力値):191(244)-×-112(12)-171(244)-116(4)-80

技構成:トライアタック/シャドーボール/めざめるパワー炎/トリックルーム

 

トリル始動要因その1。努力値振りは6世代の流用である。

基本的には、初手に出して、トリルを張って適当に殴ってクチートにつなぐという動きをとる。

ポリ2自身のアタッカー性能も高く、Cが上がってしまえばポリ2が3タテという試合も多かった。トライアタックで追加効果を狙えるというのも強い。

初手ゲンガー対面はシャドーボールからのトリルという動きがよき。

 

 Pokémonsprite 778 Schillernd SoMo.gif

ミミッキュ@フェアリーZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値(努力値):159(228)‐156(252)‐104(28)‐×‐125-116

技構成:じゃれつく/かげうち/のろい/トリックルーム

 

トリル始動要因その2。調整はどこかの記事を参照しました。(引用先を忘れてしまいました。申し訳ございません。)

基本的には、枯れたトリルを再び展開するという役割を担っていたが、後出し性能を高めるため、フィラの実型や襷型のほうがよかったかもしれない。ただ、パーティーにZ枠がいないのはどうしても弱く感じたため、フェアリーZでの運用となった。ミミッキュの型に関してはまだまだ考察の余地があると思われる。

 

Pokémonsprite 497 XY.gif

ジャローダゴツゴツメット

特性:天邪鬼

性格:臆病

実数値(努力値):175(196)-×-115-110(116)-115-173(196)

技構成:リーフストーム/めざめるパワー岩/リフレクター/光合成

 

調整はこちらの構築記事より拝借しました。

cabipara.hatenablog.com

(無断転載のため、問題があれば削除致します)

 

 ここまでで重いキノガッサを対策する枠として採用。めざ岩のおかげで、ウルガモスリザードンで止まらないのが強かったです。

基本的にガッサがいたら確定で選出します。

調整意図や使用感などは、前述の記事に詳しく書かれているので、そちらを参考にしてください。

 

4.選出

選出パターン

Pokémonicon 233.pngf:id:INK924:20170515170621p:plainf:id:INK924:20170515170652p:plain

これが基本選出。ポリ2がトリルを展開した後、クチートがトリル下で暴れ、トリルが切れたらミミッキュで再展開していくという流れである。

f:id:INK924:20170515170238p:plainorf:id:INK924:20170515170652p:plain+f:id:INK924:20170515170621p:plainf:id:INK924:20170515170954p:plain

前述した通り、キノガッサがいた場合、トリル始動要因+クチートジャローダという選出をする。

f:id:INK924:20170515171642p:plain+f:id:INK924:20170515170238p:plainorf:id:INK924:20170515170652p:plain+f:id:INK924:20170515170621p:plain

裏選出できつい炎タイプがいたときは、ペリッパーをトリル下でのアタッカーとして選出する。

f:id:INK924:20170515171642p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plain+f:id:INK924:20170515170652p:plainorf:id:INK924:20170515170954p:plain

雨選出。主に水の一貫のあるパーティーに出す。(ほとんど雨選出はしなかった)

 

5.きついポケモン

1.ドヒドイデ

誰も勝てない。マッチングしたときは初手降参してました。

2.挑発持ち

露骨なトリルパであるため、挑発持ちのポケモンがいる場合は必ず先発で選出される。初手挑発を覚えるポケモンと対面した際は、攻撃技から入るのが良き。

3.ヒードラン

基本選出である裏選出が炎ポケモンがめちゃめちゃ重い。特にヒードランは最も重い炎ポケモンである。ペリッパーをどう動かすかが重要。

4.カプ・レヒレ

クチートの攻撃を一発耐えて返しの水Zで倒されるということがしばしばあった。

 

他にもまだまだありますが、特に厳しかったのはこの4体だと思われます。

いわゆる欠陥構築ですね。。。

 

6.成績

最高レート:2001

最終レート:2001

f:id:INK924:20170515174058j:plain

f:id:INK924:20170515174251j:plain

 

7.さいごに

ここまで読んでくださった方は分かると思いますが、今回のパーティーは雨パというよりむしろトリルパといったほうが良いのかも知れません。

自分がこのパーティーを組んだ際、雨選出も裏選出も両方できるようにと思って組んだのですが、想像以上に裏選出が活躍してくれて複雑な気持ちでした。。。

ただ、7世代の新要素であるペリグドラにS3から解禁されたメガクチートを組み合わせるという新しい構築が開拓できたのは素直に良かったなぁと思います。

 

最後になりますが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

QRレンタルでパーティーを公開したので良かったら使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

何かございましたら僕のTwitterまで。

twitter.com

 

Special Thanks 

 

個体を貸してくださったGoomyさん

本当にありがとうございました。