読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インコの鳥籠

Twitter→@Megumipoke

【SMシーズン3使用構築】ペリグドラクチート【最高/最終2001】

1.はじめに

初めましての方は初めまして。

そうでない方はこんにちは。

アメリカ人の方はHello。

 

インコと申します。

S3お疲れさまでした。無事レート2000を達成したので構築記事を書きたいと思います。

 

2.使用した構築及び構築経緯

今回使用した構築はこちらになります。

f:id:INK924:20170514134940p:plain

 

以下常体

 

6世代において雨パと相性が良いメガ枠とされていたメガクチートを軸として雨パを組みたいと考え、雨+メガクチートからスタートした。

しかし、7世代からZワザが登場したことにより、メガクチートが今まで対面で倒せていたポケモンZワザで倒されてしまうということを踏まえて、従来の対面性能はなくなったと感じた。そこで、トリル下前提のメガクチートの運用を考え、トリル始動要因であるポリゴン2ミミッキュを採用した。

最後の枠として、キノガッサが重いと感じたため、ゴツメジャローダを採用した。

 

3.個別紹介

Pokémonsprite 279 XY.gif

ペリッパー@気合の襷

特性:雨降らし

性格:控えめ

実数値(努力値):167(252)-×-121(4)-161(252)-90-85

技構成:ハイドロポンプ/れいとうビーム/暴風/とんぼ返り

 

雨始動要因。S1、S2と共にニョロトノを始動要因として採用していたが、今回はペリッパーを採用した。

理由としては、裏選出のトリル軸においてもエースとして活躍できるからである。ニョロトノもトリル軸のアタッカーとしてのポテンシャルは十分にあるが、アタッカーのニョロトノを採用してしまうと、雨選出がかなりやりにくくなると考え、裏選出のアタッカーとしても活躍でき且つ雨選出においてとんぼ返りで展開ができるペリッパーが適任だと考えた。

基本的には、雨選出における天候始動要因、そして裏選出で重いポケモン(主にヒードラン)を対処するポケモンという役割を担っていた。

 

Pokémonsprite 230 XY.gif

キングドラ@拘り眼鏡

特性:すいすい

性格:控えめ

実数値(努力値):150-×-115-161(252)-116(4)-137(252)

技構成:ハイドロポンプ/波乗り/龍星群/寝言

 

雨エース。CSぶっぱでDL対策でDに4振っているごく普通の型です。4枠目の寝言は胞子対策やあくびループ対策になると思って採用したが、ほとんど使う場面はなかった。

選出についてはまた後に語るが、このポケモンの選出率はかなり低く、ほぼ見せポケと化していた。依然として、ナットレイやレヒレなどのグドラできついポケモンが環境に多く、積極的に出せなかったというのが実情である。対面パが減少し、サイクル重視のパーティーが増えたこともキングドラにとってかなり向かい風であると思われる。

 

Pokémonsprite 303m1 Schillernd XY.gif

クチートクチートナイト

特性:いかく→ちからもち

性格:意地っ張り

実数値(努力値):157(252)-150(252)-106(4)-×-75-70

メガ後実数値(努力値):157(252)-172(252)-146(4)-×-115-70

技構成:じゃれつく/炎の牙/不意打ち/剣の舞

 

今回の構築の軸となるポケモン。ほぼ全試合選出していた。MVP賞をあたえるなら間違いなくこの子。

HAぶっぱのごく普通のクチート。前述したとおり、今回はトリル下前提でのクチートであるため、初手に出さず、後述のポリゴン2ミミッキュがトリルを張った後に、クチートがトリル下で暴れるという流れを意識して立ち回った。

トリル下でのクチートの制圧力はすさまじく、じゃれついているだけでゲームが終わっていたということもしばしばあった。

はたきおとすがほしい場面もなくはなかったが、それ以上に炎の牙、剣の舞を使う場面のほうが多かったため、このような技構成となった。

また、ペリグドラの並びで選出されるポケモンに対して、トリルのクチートがかなり刺さっていたこともクチートが大活躍できた要因と思われる。(ペリグドラが選出誘導要因としか活躍できなかったことは誠に遺憾である。)

 

Pokémonsprite 233 XY.gif

ポリゴン2@しんかのきせき

特性:ダウンロード

性格:控えめ

実数値(努力値):191(244)-×-112(12)-171(244)-116(4)-80

技構成:トライアタック/シャドーボール/めざめるパワー炎/トリックルーム

 

トリル始動要因その1。努力値振りは6世代の流用である。

基本的には、初手に出して、トリルを張って適当に殴ってクチートにつなぐという動きをとる。

ポリ2自身のアタッカー性能も高く、Cが上がってしまえばポリ2が3タテという試合も多かった。トライアタックで追加効果を狙えるというのも強い。

初手ゲンガー対面はシャドーボールからのトリルという動きがよき。

 

 Pokémonsprite 778 Schillernd SoMo.gif

ミミッキュ@フェアリーZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値(努力値):159(228)‐156(252)‐104(28)‐×‐125-116

技構成:じゃれつく/かげうち/のろい/トリックルーム

 

トリル始動要因その2。調整はどこかの記事を参照しました。(引用先を忘れてしまいました。申し訳ございません。)

基本的には、枯れたトリルを再び展開するという役割を担っていたが、後出し性能を高めるため、フィラの実型や襷型のほうがよかったかもしれない。ただ、パーティーにZ枠がいないのはどうしても弱く感じたため、フェアリーZでの運用となった。ミミッキュの型に関してはまだまだ考察の余地があると思われる。

 

Pokémonsprite 497 XY.gif

ジャローダゴツゴツメット

特性:天邪鬼

性格:臆病

実数値(努力値):175(196)-×-115-110(116)-115-173(196)

技構成:リーフストーム/めざめるパワー岩/リフレクター/光合成

 

調整はこちらの構築記事より拝借しました。

cabipara.hatenablog.com

(無断転載のため、問題があれば削除致します)

 

 ここまでで重いキノガッサを対策する枠として採用。めざ岩のおかげで、ウルガモスリザードンで止まらないのが強かったです。

基本的にガッサがいたら確定で選出します。

調整意図や使用感などは、前述の記事に詳しく書かれているので、そちらを参考にしてください。

 

4.選出

選出パターン

Pokémonicon 233.pngf:id:INK924:20170515170621p:plainf:id:INK924:20170515170652p:plain

これが基本選出。ポリ2がトリルを展開した後、クチートがトリル下で暴れ、トリルが切れたらミミッキュで再展開していくという流れである。

f:id:INK924:20170515170238p:plainorf:id:INK924:20170515170652p:plain+f:id:INK924:20170515170621p:plainf:id:INK924:20170515170954p:plain

前述した通り、キノガッサがいた場合、トリル始動要因+クチートジャローダという選出をする。

f:id:INK924:20170515171642p:plain+f:id:INK924:20170515170238p:plainorf:id:INK924:20170515170652p:plain+f:id:INK924:20170515170621p:plain

裏選出できつい炎タイプがいたときは、ペリッパーをトリル下でのアタッカーとして選出する。

f:id:INK924:20170515171642p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plain+f:id:INK924:20170515170652p:plainorf:id:INK924:20170515170954p:plain

雨選出。主に水の一貫のあるパーティーに出す。(ほとんど雨選出はしなかった)

 

5.きついポケモン

1.ドヒドイデ

誰も勝てない。マッチングしたときは初手降参してました。

2.挑発持ち

露骨なトリルパであるため、挑発持ちのポケモンがいる場合は必ず先発で選出される。初手挑発を覚えるポケモンと対面した際は、攻撃技から入るのが良き。

3.ヒードラン

基本選出である裏選出が炎ポケモンがめちゃめちゃ重い。特にヒードランは最も重い炎ポケモンである。ペリッパーをどう動かすかが重要。

4.カプ・レヒレ

クチートの攻撃を一発耐えて返しの水Zで倒されるということがしばしばあった。

 

他にもまだまだありますが、特に厳しかったのはこの4体だと思われます。

いわゆる欠陥構築ですね。。。

 

6.成績

最高レート:2001

最終レート:2001

f:id:INK924:20170515174058j:plain

f:id:INK924:20170515174251j:plain

 

7.さいごに

ここまで読んでくださった方は分かると思いますが、今回のパーティーは雨パというよりむしろトリルパといったほうが良いのかも知れません。

自分がこのパーティーを組んだ際、雨選出も裏選出も両方できるようにと思って組んだのですが、想像以上に裏選出が活躍してくれて複雑な気持ちでした。。。

ただ、7世代の新要素であるペリグドラにS3から解禁されたメガクチートを組み合わせるという新しい構築が開拓できたのは素直に良かったなぁと思います。

 

最後になりますが、ここまで読んでいただきありがとうございました!

QRレンタルでパーティーを公開したので良かったら使ってみてください。

3ds.pokemon-gl.com

 

何かございましたら僕のTwitterまで。

twitter.com

 

Special Thanks 

 

個体を貸してくださったGoomyさん

本当にありがとうございました。

 

 

【メモ】今期視聴アニメ

‪今期視聴アニメ‬


‪冴えカノ‬
エロマンガ先生
‪進撃‬
恋愛暴君
ひなこのーと
夏目友人帳
‪ろくでなし魔術講師‬
‪さくらクエスト‬
ゼロから始める魔法の書
つぐもも
ソードオラトリア

 

‪視聴予定アニメ‬
有頂天家族
月がきれい

 

今の所、個人的には冴えカノ、エロマンガ先生、進撃の3トップって感じですね。

月がきれいは評判がすごく良いので家帰って早く見たいです。

 

他にもオススメのアニメあったら教えてください。

 

終わり

 

2017春アニメについて

春アニメが始まりましたね。自分はまだ数本しか見てませんが、面白そうなのが沢山ありました。

 

個人的には、エロマンガ先生進撃の巨人・ろくでなし魔術講師と禁忌教典あたりがかなりお気に入りです。特にエロマンガ先生の紗霧ちゃんすこすこすこ。

 

ただ、これらをはるかに凌駕する超神アニメが現在放送されていることをご存知でしょうか?

 

それは

 

f:id:INK924:20170418142352p:image

 

冴えない彼女の育てかた♭です

 

f:id:INK924:20170418142451j:image

 

ああ^〜恵ちゃんすこすこすこすこすこすこすこすこ

 

見てない人は見ましょう!

 

 

 

S2使用構築(最高レート1968)

①はじめに

 

皆さんこんにちは。インコです。

S2お疲れさまでした。今期はレートがインフレしていたということもあり、私自身も最高レートの更新を目指していました。

結果から言うと私の今期の最高レートは1968というかなり残念な結果となってしまいました。。。

今回構築記事を執筆するか悩みましたが、構築記事を執筆することで頭の整理を行い、それに伴って今後のヒントになる何かを見つけられるかもと思い執筆する決意をしました。

 

➁使用した構築

 

今回使用した構築はこちらです。

f:id:INK924:20170320104638p:plain

↓技構成及び持ち物

f:id:INK924:20170320123248p:plain

 

➂構築経緯

 

以下常体

 

S1で雨パでレート2000を達成したことから、S2も雨パでシングルレート対戦を行っていこうと思い、トノグドラの並びからスタートした。

しかし、バンク解禁に伴いトノグドラの並びでは突破できない相手が増加し、S1に比べてトノグドラが環境に刺さらなくなった。

そこで、雨選出を通すのではなく、トノグドラという強力な選出誘導を生かし、裏選出をメインに通すというコンセプトにシフトチェンジした。

そして、そのようなコンセプトのパーティーを組む際、裏選出はガルーラやガブリアスなどのパワーのあるポケモンが採用されていることが多いということを某ブログを参照した際に知り、ガルガブ軸の裏選出を組むことを決意した。

 

➃個別紹介

 

http://www.pokewiki.de/images/8/80/Pokémonsprite_186_Weiblich_Schillernd_XY.gif

ニョロトノ@脱出ボタン 

特性:雨降らし

性格:穏やか

実数値(努力値):197(252)-×-123(220)-110-137(36)-90

技構成:熱湯/アンコール/滅びの歌/守る

 

S1で使用した個体と同じものを採用。Dに振ることによって、テテフの眼鏡サイキネやコケコの10万を最高乱数以外耐えることが可能となる。7世代は特殊方面の火力インフレが激しいので、6世代に比べてDに振った型が主流になってくると思う。

 

http://www.pokewiki.de/images/d/dc/Pokémonsprite_230_Schillernd_XY.gif

キングドラ@こだわりメガネ

特性:すいすい

性格:控えめ

実数値(努力値):157(52)-×-115-161(252)-116(4)-130(196)

技構成:ハイドロポンプ/波乗り/龍星群/龍の波動

 

雨エース。Sは1舞準速メガボーマンダ抜きまで降っているが、マンダ入りのパーティーに対して雨選出する機会が少なかったので、もう少しSを削って耐久に振る方がよかったかもしれない。

持ち物に関してだが、打ち分けができないというデメリットがあるものの、常に超火力で上から制圧できる眼鏡を採用した。個人的にはグドラは水Zよりも眼鏡のほうが相性が良いと思っている。

 

http://www.pokewiki.de/images/0/0c/Pokémonsprite_115m1_Schillernd_XY.gif

ガルーラ@メガ石

特性:肝っ玉→親子愛

性格:意地っ張り

実数値(努力値):181(4)-194(252)-120-×-120-152(252)

技構成:猫騙し/捨て身タックル/炎のパンチ/不意打ち

 

裏選出の軸となるポケモン。雨とも相性が良く、猫騙しからの雨展開が無難に強かった。

陽気だと火力が足りない場面が多かったので意地っ張りで採用した。

猫捨て身型での採用なので、猫と捨て身は確定。3枠目はこのパーティーに対してよく出てくるナットレイを狩るために炎のパンチを採用。ラストは技スぺが余ったのでなんとなく不意打ちを採用したが、不意打ちが警戒されることがほとんどなく、 猫不意で体力の減った相手のポケモンを倒していくという動きができて強かった。

 

http://www.pokewiki.de/images/8/80/Pokémonsprite_445_Schillernd_XY.gif

ガブリアス@気合の襷

特性:鮫肌

性格:陽気

実数値(努力値):183-182(252)-116(4)-×-105-169(252)

技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

 

テンプレのAS襷ガブリアス

剣舞することで相手の耐久ポケモンを崩す役割を担っている。

選出率は低めだが、このポケモンがいないと相手の炎ポケモンがかなり重くなるので、なくてはならない存在であると考える。

 

http://www.pokewiki.de/images/c/cc/Pokémonsprite_778a_Schillernd_SoMo.gif

ミミッキュ@ゴーストZ

特性:化けの皮

性格:意地っ張り

実数値(努力値):131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

技構成:じゃれつく/シャドークロー/影打ち/剣の舞

Z枠が余ってたので、とりあえずZ技と相性の良いとされているミミッキュを入れてみたが、想像以上に強かった。積み技+Z技によって相手の耐久ポケモンを崩すことができるのはかなり優秀だと感じた。

ゴーストZである理由は、このパーティーに対して出てくるポケモンがフェアリー技が通らないポケモンばかりであったため、一貫性のあるゴーストZで採用した。フェアリーZに比べて火力不足に悩まされることもあったが、それ以上にZ技が通らないことの方が深刻だったのでゴーストZで運用して正解だと思っている。

 

http://www.pokewiki.de/images/3/37/Pokémonsprite_797_SoMo.gif

テッカグヤゴツゴツメット

特性:ビーストブースト

性格:呑気

実数値(努力値):203(244)-126(36)-154(132)-128(4)-133(92)-72

技構成:ヘビーボンバー/火炎放射/ギガドレイン/宿り木の種

 

物理受け、そしてフェアリーの一貫性を切る枠として採用。

宿り木の種の枠は、当初はめざ氷だったが打つ機会がほとんどなかったので宿り木の種に変更した。

裏選出をする際、炎タイプの積みアタッカー(リザXやバシャーモウルガモスなど)がいる時は、テッカグヤが起点にされて全抜きされることを恐れて極力選出しないように心掛けた。

役割対象としては、ギャラドスパルシェンミミッキュなどが挙げられる。しかし、ミミッキュに関しては、呪い痛み分け型に対しては後だしでの対処が不可能なので、安定して後だしできるというわけではない。なので、また別のミミッキュ対策が必要であると思っている。

 

➄選出

・雨選出

 ⑴f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plain

トノグドラが刺さっている場合

f:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plainf:id:INK924:20170320210924p:plain

バシャーモ入りでトノグドラが刺さっている場合

f:id:INK924:20170320210658p:plainf:id:INK924:20170320210715p:plainf:id:INK924:20170320211101p:plain

トノグドラの弊害となるポケモンが、テッカグヤで対処が可能である場合

・裏選出

基本は

f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320211101p:plainf:id:INK924:20170320211429p:plainorf:id:INK924:20170320210924p:plain

相手のパーティーに炎タイプの積みアタッカーがいる場合

f:id:INK924:20170320210623p:plainf:id:INK924:20170320211429p:plainf:id:INK924:20170320210924p:plain

 

 ➅さいごに

冒頭でも書きましたが、今期はレートがインフレしていたということもあり、自分もその波に乗ってあわよくば2100に乗りたいと思っていましたが、残念ながら2000にすら乗ることができませんでした。反省点としては様々な要素が挙げられますが、裏選出を物理に固めすぎたということと、受けループに対する対策が全くなかったことがこの構築の欠点であるなと個人的には思います。

この構築記事を読んで、もっとこういう所を改善したほうが良いなどのアドバイスがあったら、是非聞かせていただきたいなと思っています。

S3ではS1の結果を超えられるように精進したいと思っています。

ここまで読んでいただきありがとうございました!

f:id:INK924:20170320212635p:plain

 

オシャボ所持リスト(随時更新)

他者とのポケモン交換用に自分が持っているオシャボポケモンをまとめました。

夢特性ポケモン赤字で表示されています。

 

ウルトラボール

ダンバル

タツベイ

シェルダー

コイル

 

ルアーボール

ヒドイデ

コイキング

ナマコブシ

 

ヘビーボール

ジジーロン

・ストライク

ヒトツキ

・コイル

・ガルーラ

ヒトモシ

シェルダー

 

ムーンボール

・ゴース

ミミッキュ

・ピッピ

イーブイ

ニョロモ

トゲピー

・カラカラ

フカマル

モノズ

ラルトス

チルット

ディグダ

 

フレンドボール

・ストライク

ニョロモ

ダダリン

ツタージャ

ウリムー

ミニリュウ

 

ラブラブボール

カビゴン

チュリネ

ヌイコグマ

クチート

ミミロル

ズバット

 

レベルボール

・ガルーラ

・ガーディ

アゴジムシ

 

ドリームボール

タッツー

キノココ

ミミロル

ラルトス

マリル

フワンテ

イーブイ

ストライク

ミツハニー

 

サファリボール

タツベイ

・ガルーラ

・ラッキー

ハスボー

ヒポポタス

ゴマゾウ

 

ダークボール

モノズ

フカマル

ヒトモシ

ヒトツキ

ケロマツ

・キバコ

 

ダイブボール

シェルダー

ウリムー

タッツー

ヤドン

ミニリュウ

ケロマツ

フカマル

ニョロモ

タツベイ

コイキング

キノココ

キャモメ

マリル

 

ゴージャスボール

ドロバンコ

ヒトカゲ

エレキッド

サボネア

・オタチ

ヒトモシ

 

 

【SMシーズン1】 最高最終2010 トノグドラガルガブコケコカグヤ

1.はじめに

初めまして。インコと申します。

今回はSMシングルレートS1でレート2000を達成したので記念にブログにまとめようと思います。

↓使用したパーティー

f:id:INK924:20170116144518p:plain

今回のパーティーはこちらの構築記事のものをパクらさせていただきました。(転載の許可をいただきました。ありがとうございます。)

niigatapokemon.hatenablog.com

細かい調整の意図などはすでにパクリ元の記事に書かれているため、今回は実際に使ってみた感想などをまとめていこうかなと思います。

 

 あと、人の構築をパクっただけなのにドヤ顔で構築記事を書くのもどうかなと自分でも思いましたが、レート2000にのったら構築記事書きたいという意思と、自己顕示欲には勝てませんでした()

 

2.個別紹介

http://www.pokewiki.de/images/a/a8/Pokémonsprite_186_Weiblich_XY.gif

 ニョロトノ@脱出ボタン

特性:雨降らし

性格:穏やか

努力値:252-0-220-0-36-0

実数値:197-×-123-110-137-90

技:熱湯/アンコール/滅びの歌/守る

 

技構成は熱湯、アンコール、滅びの歌は確定として、ラストは滅びの歌と相性の良い守るにしました。

大体の攻撃を1発確実に耐えて、脱出ボタンで展開...と思っていたら、Zワザが飛んできてトノがやられてしまうということがしばしばありました。こうなってしまうと、雨を再展開することができなくなり、雨が止むターンまでにグドラで倒しきれずそのまま負けてしまうことがありました。

クッションとして役割のほかにも、壁展開のパーティーに対しても出していました。アンコールが効かないZ補助技(Zテクスチャーなど)には滅びの歌で対処してました。

 

http://www.pokewiki.de/images/7/74/Pokémonsprite_230_XY.gif

キングドラ@拘り眼鏡

特性:すいすい

性格:控えめ

努力値:52-0-0-252-4-196

実数値:157-×-115-161-116-130

技:ハイドロポンプ/波乗り/龍星群/龍の波動

 

水Zではなく眼鏡で運用しました。水ZグドラはZドロポン以外の技の火力が足りず、水Zを消費した後にポリ2などの耐久ポケモンと対峙したときに突破できずに負けるといことがあったので、常に効果力を保てる眼鏡を採用しました。雨下の眼鏡グドラの火力は凄まじく、波乗りをしているだけで勝てることも多々ありました。

 

http://www.pokewiki.de/images/f/f9/Pokémonsprite_115m1_XY.gif

ガルーラ@メガ石

特性:肝っ玉→親子愛

性格:意地っ張り

努力値:0-252-0-0-4-252

実数値(メガ後):180-194-120-×-121-152

技:猫だまし/捨て身タックル/地震/岩雪崩

 

ガルーラをあまり使ったことがない僕が素直に感じたことは、†ガルーラ is 強い† です()

雨選出でも裏選出でも活躍してくれました。とりあえず猫だましして突破できそうなら突っ張る、無理そうなら引くという流れが無難に強かったです。

 

http://www.pokewiki.de/images/2/27/Pokémonsprite_445_XY.gif

ガブリアス@気合の襷

特性:鮫肌

性格:陽気

努力値:0-252-4-0-0-252

実数値:183-182-116-×-105-169

技:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

 

最初は岩石封じの枠を炎の牙にしていましたが、打つ場面が全くなかったので岩石封じに変えました。

選出率は6匹のなかでは1番低いものの、出せば十分仕事をしてくれました。さすが主人公(常套句)

 

http://www.pokewiki.de/images/7/72/Pokémonsprite_785_SoMo.gif

カプ・コケコ@拘りスカーフ

特性:エレキフィールド

性格:控えめ

努力値:44-0-4-252-28-180

実数値:151-121-106-161-99-173

技:10万ボルト/ボルトチェンジ/マジカルシャイン/蜻蛉返り

 

構築記事を漁ってたら良さげなコケコがいたのでこれもパクりました。(パクリ元忘れました。すみません。)

Sは1舞準速メガボーマンダ抜き。

普通のコケコよりも高火力かつ1舞マンダより速いS。めちゃくちゃ強かったです。

初手コケコミラーで特性発動順で相手のコケコスカーフかどうか判定できる点も良かった。

 

http://www.pokewiki.de/images/3/37/Pokémonsprite_797_SoMo.gif

テッカグヤ@食べ残し

特性:ビーストブースト

性格:臆病

努力値:180-0-20-0-52-252

実数値:195-×-126-127-128-124

技:火炎放射/毒々/身代わり/守る

 

毒々が読まれくことがなく、刺さる場面も多かったです。

1つだけきつかったことが、このパーティーに対してほぼ確実にでてくるレヒレのミストフィールドによって毒々が効かないということが多発したことです。そうなるとテッカグヤが完全に腐ってしまい、置物と化してしまいました。やどりぎ型のほうが良い感じはしますが、そうすると裏選出の際にポリ2を突破できなくなるので、毒守型での採用は間違ってないと思います。

 

 

 

 

選出率は

ガルーラ>コケコ>ニョロトノキングドラ>テッカグヤ>ガブリアス

という感じでした。

 

 

f:id:INK924:20170116222816j:plain

最高最終レート2010

3.さいごに

ORASのS15からレートを始め、ポケモンを始めてそろそろ1年たちますが、今回初めて2000にのせることができました。しかしながら、他人の構築を丸パクリして得た結果なので、実力に関してはまだまだ半人前だと感じました。

完全オリジナルのパーティーを作る能力はまだないと思いますが、勝ちパターンや構築のやり方など少しずつ身についてると感じているため、S2からは少しは自分で考えるよう努力していきます。

最後まで見ていただき本当にありがとうございました!

何か質問等ございましたら、僕のTwitter(@INK924)までお願いします。